尊敬できる相手

結婚できない女性としては「尊敬婚」を目指すべきという本がありました。
聞きなれない言葉です。
生涯のパートナーを尊敬したいというのは分かりますけど、どうやら違うようです。
高収入の女性は、年収が低くても家庭のことをして支えてくれる、癒してくれる年下男性と結婚するべきということらしいです。
つまり、尊敬は男性から女性に?という意味合いが強いみたいです。
女性は自分ができない分の家事をしてもらって尊敬するというのもあるかもしれませんけど。
お互いに働くなら家事は分担が当たり前だと思いますけどそう思わない、出来ない男性が多いようです。
1人暮らし経験者で家事が苦にならない人がいいというのは分かります。
自分でやれることはやってくれないと困りますよね。

看護師の目指すところ

両親は私が看護師として就職するところは大きな病院のほうがいいといいます。
その理由は、いろいろな経験ができるから。こんなサイトみてもそう思います。
個人病院ではやることが限られてしまいますし、またそこで考えが変わって総合病院ようなところで働いてみたという気持ちになったとき、気後れしてしまうのではないかと心配しているのです。
確かに大病院で経験をつんでいれば、そこからどんな病院へと移ったとしても自信はかなりついていると思いますし、気後れすることもなく仕事ができるかと思います。
しかし、今の私の考えの中にはそうした大病院で働くという気持ちはまったくないのです。
できれば家から近い個人病院がいいかと考えています。
それは自分が病気にかかったときの印象だけで決めていることですが、個人病院のほうが看護師と医師との意思の疎通ができているように感じました。
そうした感じを受ける患者にとってはとても安心して診察が受けられるというものなのです。
大病院にも良いところはたくさんありますけど、そこまで親切ではないですし・・・
患者数が多ければ多いほど、流れ作業のような感じで事が進むのがとても嫌なのです。
看護師になると決めたのも、こうしたことがあったからなのですが、ここは自分の将来ですので、最終的には自分で決めたいと思います。