元気の秘訣?!

長野県は長寿の県でも有名なんだそうです。
そしてスキー人口が高い県民でもあります。
60年以上スキーをやっているというおじいさんもいました。
標高が高くて酸素が少ない長野県の人達は低酸素に適応するようになっているようです。
加齢によってミトコンドリアが減るのが普通なのにそれを跳ね除ける力がある。
低酸素でミトコンドリアが活性化するので維持できるんだっていいですね。
パキスタン、カスピ海、エクアドルなど標高が高いところは長寿が多いというのですから世界中から認知されていることなんです。
大好きなスキーをするために普段から運動している人が多いというのもあります。
うちの父親も70歳過ぎてもスキーに行ってますから、これが元気の秘訣でもあるのかもしれません。