想像とは違っていました

国税調査官が税額減らす収賄容疑で逮捕というニュースがありました。
パっとそのタイトルを読んだときに、国税調査官が主人公の物語を思い出しました。
実家が国税調査官に差し押さえられたような経緯があるのに、自分がその仕事につき税務者とのふれあいを描いた話しでした。
だいたいは税金の支払いを逃れようとする輩がかりでしたが、中には仕事の関係者に裏切られてお金がない人もいる。
その人達も被害者だけど法律では脱税は免れないという葛藤がありました。
だから国税調査官の人がその情けで見逃そうとしたのかと思ったんです。
しかし贈賄というのを見落としていました。
ドラマチックなことを考えすぎですね。
お金で見逃してやるなんてあたりまえですがいけないことです。