当たり前にあるサービスに慣れ過ぎてはいけない。
そう思うのですが相手が人間ともなるともう少し配慮はないのかなと思ってしまうことがあるのですが贅沢なことなんでしょうか。
宅配便の集荷を頼んだんですよ。
この集荷というシステムもわざわ取に来てくれているのに、余分なお金もかからないサービスですよね。
とてもありがたいと思います。
でも集荷の時間指定が出来るのであればそれは守って欲しいです。
十分余裕をもって指定したから大丈夫でしたが2時間以上も早く来られてびっくりしました。
そしてひとこと、早すぎてしまったかどうかこちらに聞いてくれれば私の方も溜飲が下がるということですよ。
そのひとことがあるかないかでちょっとした差でも大きくかわるものです。

防災食品

防災食品は用意していますか?
大震災後に購入しているものが3年くらいのならばそろそろ切れていることもありますので、消費しつつ買い替えないといけませんね。
保存期間が長くなっていて5年を超えるような長いものもあるそうですよ。
水も火も使わずに温かいものを食べることが出来る食べ物が重要になります。
最近の非常食の最大の特徴は味が美味しいということです。
記述の進歩で味は格段に進化しているそうです。
25年も保存できるポタージュ(こちらは火と水がないとできない)
南極観測隊推奨のポテトサラダなどあるのです。
フリーズドライで防腐剤が使用されていないのが魅力的ですね。
緊急時だから仕方がないにしても長年食べることが出来る食べ物ってちょっと怖いですけどそれなら安心です。