ゆるやかに落ち込んでいる

ゆるやかに落ち込んでいる。
こんな言葉ってあるんだろうかと思いつつ、つい打ってしまいました。
人間関係、仕事のこと、家族のこと、将来のこと。
漠然とした不安があって気持ちが晴れません。
自分自身や家族に病があり命の限りが直近であるわけでもありません。
経済不安はあるけれど今日明日は無事に暮らしていけます。
だからそれならば恵まれている状況である、とは思いますよ。
他人がいったいどういった幸せを手にしているのかはわかりません。
自分にないものを持っているからといって幸福感でいっぱいなのかもわかりません。
それでも澱が溜まったようなとにかくよくわからない気分になることが多いです。
一ヶ月の内の不安定な期間でもないのでどうしようもありません。

12月16日は夢の島開始日

12月16日は夢の島開始日なんですって。
そういえば、東京湾上の埋立て地の通称で夢の島ってありましたね。
すでにゴミでいっぱいになって閉鎖されていると聞くと、ゴミの行方は他人事ではないですね。
どうしても出てしまうゴミをどこにするかは問題です。
そんな日にたまたまクイズ好きなHちゃんから出されたものはゴミに由来する言葉はなんでしょうか?というものでした。
正解は「一緒くた」です。
くたは くず、芥、あくた。
ゴミも他のもの一緒にする、雑多ってことなんですって。
まあ、良い意味じゃないってことはすぐにわかりますね。
くたびれる、くたくた、くたばる、と一緒くたと同じ語源なんですって。
物知りさんなHちゃんにはいつもいつも驚かされます。

死後に冷凍保存

末期がんである14歳のイギリスの少女が死後に冷凍保存を望んだそうです。
将来治療が可能になった場合に生き返るため、とのことです。
14歳という幼い年齢で亡くなるのは可哀想なことです。
でも将来生き返ることが出来るように冷凍保存を望むってちょっと怖いですね。
だって実際に生き返ることが出来たとして、自分の親や友達がすでにこの世にいなかった、それはそれで絶望してしまう気がします。
亡くなるときに、きっと生き返ることが出来ると希望を持って安らかな気持ちになるのなら少女にとっては必要なことなのかもしれません。
生きていられる時間が短い娘が冷凍保存を望んだら親としては認めてしまいたくなるのかもしれませんね。
既に亡き少女のご冥福をお祈り致します。

笑い方が気持ち悪い

先日、テレビを見ていて何かに秀でている一般人の方というのがやっていたんです。
そのアラサー男性の笑い方がすごく気持ちが悪かったです。
でへへって感じのとか、うへへへへみたいな変な薄笑いをうかべる人でした。
見た目はとくにへんなところもなく、普通の人っぽいのに何かをしゃべる度に少し笑うんですよ。
もちろん眉間にしわを寄せたままとか機嫌が悪いように見えるよりは、笑顔が多いとかやわらかいイメージはあるかもしれません。
でも不快感が残るしゃべりかたでもありますよ。
テレビに出るって大変ですね。
勝手にあの人なんだか気持ちが悪いわって思われたりするんですから。(笑)
まあテレビに出る仕事の人ではないからその方が本人のためですよ。

数年で進化

道の駅ってここ数年で進化しましたよね。
どこか観光地に行きたいという希望はありませんけど、道の駅を目指していくのは魅力があります。
地元でとれた野菜とか、やっぱり食べ物が目的ですね。(笑)
でも今は、道の駅がその地域を活性化させるだけではない利点があるそうです。
それは何か。
震災が多い日本に必要な、広い土地があることです。
熊本地震でもあった、避難者の車中泊に役立ちます。
たしかに広いところに車を停めてそこで寝れば上から何かが落ちてくるような今日はありませんよね。
車の中に長時間いるとエコノミー症候群などになる可能性もありますが、危険なことを知った上で安全な場所を確保できるというのはかなりの利点になりますね。

もっと盛り上げるべきイベント

国際パラリンピック委員会がパラリンピックの殿堂入りに日本人の河合純一氏を選んだそうです。
河合さんは2012年のロンドン大会まで6大会連続で出場し、金メダル5個を含む21個のメダルを獲得したそうです。
ちょっと、それは物凄いことじゃないですか。
こんなに凄い人なのになんで世間に知られてないんでしょうか。
パラリンピックの選手でここ数年話題になるのはテニスの国枝さんくらいですよね。
その話題をちょうど、お昼休憩のときに先輩薬剤師さんとも話していたんですよ。
メダルを取らなければ有名になれないどころか、メダルをとっても話題にもしてくれないなんて酷いですよ。
パラリンピックもテレビ放送すればいいのに。
開催中の国がどんな風になるのかも知りません。
盛り上がる大会の方がいいですよね。

残業を減らす努力?

残業を減らす努力、東京がモデルになるべき。
そんなことを演説で言っている都知事候補がいました。
残業を長時間させる体質はトップが減らそうと思えば減らせる場合もあるけれどそうでない場合もあります。
時間内に終わらないのはその人の能力が低いせいもあるでしょう。
でもそれ以外の理由もあります。
突発的な仕事がおきたり、人の仕事の関係で遅くなったり。
無駄な会議を減らすことは可能そうですけど、末端で働く人にもいろいろあるということも考えて欲しいですね。
ところで都知事選には20人くらいが立候補しているのに三強の話題しかありませんね。
公平に報道するとはいえこれは明らかに公平ではないと思います。
本気で都知事になるつもりなのか?という人が多いのにも驚きですけどね。

暴力は嫌いです

暴力って自分の生活には関係ないものであり、つくりものの世界でしか存在は感じません。
肉体的な暴力よりも言葉の暴力の方が平然と日常にころがっているものですけどね。
沖縄で小学生が小学生を暴行する動画がアップされた問題がありましたね。
モザイクが入っていましたけど、見ていると目をそむきたくなるものでした。
そしてそれを撮影している子供がいることも理解が出来ません。
面白いことをしいる自分に酔って、バイト先で様々なことをするアホなバイトが動画アップをしたとかもありましたね。
その子たちと今回の暴力動画が同じかどうかはわかりません。
どちらが悪いかという問題でもない。
自分の行いを広めるに値するものなのか考えて行動するべきです。

国際バラのガーデニングショー

18回目となる国際バラのガーデニングショーが開催されているそうです。
国内外から1000種100万輪のバラが集まっていて大盛況でしたね。
今年の会場のメイン会場はパリでマルメゾン城をイメージしたようになっています。
確かに綺麗ですけど、私はわざわざ見にいこうと思うことはないですね。
世界初公開の5種類のバラ。
うわぁ、綺麗!って言ってしまうものでした。
あれ。わざわざ見に行かないとかいいながら。(笑)
でも、まあ、こうやってメディアを通してカメラ越しにでも見られれば良いかなって思います。
花を愛でる心がある人は素敵だなとは思うのですが、私には備わっていませんね。
憧れと現実は違うので生活に取り入れるようなことも出来そうにありません。

もうちょっと考えた配役を!

今はテレビドラマの視聴率が悪いですよね。
医者モノか刑事モノくらいしか良い・・というかマシな視聴率はとれないんだそうです。
その二つのシリーズものをつくっているテレビ朝日。
私も良く見ています。
しかしですね、今度はじまった刑事モノのキャストにびっくりしました。
主要キャストはいずれも他の刑事モノに出演しているんです。
まあ、これだけ刑事モノのドラマがあったらかぶってしまうというのもわかりますよ。
しかし!同じテレビ朝日で何年も続いているシリーズモノのレギュラーの人っておかしくないですか。
かなりそちらのキャラクターイメージが強いのに、また?!ってなります。
視聴率が良ければシリーズ化も狙ってそうなのに同じ人ばっかりで見る気が失せました。